匿名ニートさんのブログ

どきどきがとまらないそんなまいにち

医師「絶対という言葉は基本的に使わないけど、人はいつか死ぬからね」

この前犬の散歩中、

坂道の上り坂にてすんごい勢いで走っててっぺんでウサインボルト並みの決めポーズを決めてる男性がいたのよ。

私はかっこいいなと思ったね。いいなーって。

一生懸命って良いんだなって。

いや、散歩中の若い女性を狙った変質者だったかもしれないよ?

でもそれはないだろうな。ガンガンにウェア着てたし。白い帽子だったし。

白い帽子の若めな男性、きっと私と犬を街のエキストラとして使っていたね。全力で喜んでた。

人が喜んでいる姿って、たとえ作り物であっても良いよね。

最近聞いた中で感動したのはタイトルにあるようにお医者さんの言葉なんだけど、タイトルに続いた言葉は「だから自分の好きなように生きなさいよ、多少の迷惑をかけても誰かが助けてくれるから」だったのよ。

なんか哲学的でいいな〜〜と思ったよ。

やはり自分がブレちゃいけないね。

そしてある年齢で感じれたことを誇りに思った方がいいね。自分自身の価値観って少しずつ築き上げて行くものだと思うんだけど。

やはりちょっとやそっとでブレてしまう、せっかく育ち始めた価値観の芽がもげてしまうのはね、勿体無いことだと思うんだよね。だから自分が気持ち良いと思った考え方とか感覚って大事に生きなきゃね。人様に迷惑をかけない程度に。

私は淡々と生きたい。凛として潔く生きたい。

だからなによりこれからも自分の感性を大事にしていこうと思った!

私が良いと思ったこと全部受け入れることにした!

なにより表現というかアウトプットっていいよね、自分と会話するというか振り返るというか。

なんで表現が好きなのか理由は明確で自分が気持ち良いからなんだよな。

うん、結果私自分が気持ち良いことしかしてきてないわ…

辛い思い出もある。あるよ。でもその当時の自分からしたら壁だったけど、乗り越えられた今なら言える、辛い事を乗り越えようと日々悶々としたり苦戦したりした日々も、気持ち良かったんだろうな。

気持ち悪かったら逃げるもんね。

うん。本読も。