匿名ニートさんのブログ

不器用ながら器用に生きる

おれの愛靴のミニトンカちゃん。

今週のお題「わたしの一足」



え、今回初めてはてなブログのお題に挑戦してみようと思います。


私の一足だってさ。


私の一足と聞いて悩んだ。


ある二つの靴で悩んだ。


ビルケンシュトックのサンダルと、


ミニトンカと。



でも世間体を気にして私はミニトンカちゃんにする。


だって今時「日常の行動のほとんどをサンダルでします!」っていう人いないでしょう。



f:id:tokumei_neet:20160519214233j:plain



このミニトンカとの出会いは19歳の頃。


友人と旅行に行ったハワイで、

友人E氏がどうしても買いたいと足を運んだ先がミニトンカでした。


当時の私は「え、これ実用性あるのかな」と疑問に思う。


UGG見慣れてあのフワフワしてるのついてない靴の安定感とは如何にって感じだったし、

白のペタンコってあんま見かけないような気がしてたし。


けど友人のE氏の購入するものやファッションセンスなどすごいイケてるので私も買うことに。



写真とデザイン同じもので3900円くらいだったのさ。


ハワイでの友人E氏との買い物でほぼ所持金を使い果たしていた私からしたら大きな買い物で。

半信半疑で買ったのである。


しかしこの出会いから3年、

後悔という文字は私の辞書にはない。


黒いパンツにも合うし、

白い短パンにも合うし、

カジュアル仕様でもイケるし、

ちょっとフォーマルな場所−1的な場所にこの靴で行っても変じゃないし、


なにより歩きづらくないし靴づれもない。


外反母趾で扁平足な私には

とっておきの靴なのである。



まぁ春おわり位からちょい秋まで使える

とても優秀な靴なのよねん。


ヒールってさ。

合えば歩くの苦じゃないよ、と言いはするものの

どんなヒール履いたって

帰る頃には泣きそうになってしまうのよ。


私は世のヒールを履く女子を痛く尊敬するとともに

このミニトンカちゃんを推します。



ではでは。