匿名ニートさんのブログ

不器用ながら器用に生きる

私が吸っていたタバコをただ振り返ってみるだけに見せかけて、未成年の喫煙者への注意喚起もしている記事

 

 

 

 

私がタバコを、葉タバコからアイコスに変えて

気づけば半年以上経ちました。

 

都内でアイコスの発売が始まったのは去年の夏終わり頃。

 

購入したのは9月だったと思います。

私が特別ミーハーだったわけでも、挑戦してみようという冒険心からアイコスに手を出したわけではありません。

 

 

友人から「これ、いいよ」と勧められ、ひと吸いしました。

そのひと吸いを機に購入を決めました。

 

「なんだこれ美味いぞ」と。

 

はじめはただの好奇心だったんです……

 

(上の4行だけ見るとまるで危ないクスリにハマる人間の精神みたいでマズいと思うので言わせていただきますが、クスリダメ絶対)

 

(ちなみに未成年の喫煙もだめよん)

 

 

周囲の方は知っているとは思いますが、

私はタバコを吸っていた頃

群を抜いてヘビースモーカーだったと思います。

 

1日に2箱半は絶対に吸うから、

外を出歩く時は2箱はバッグかズボンのポケットに忍ばせてました。

 

これぞ非喫煙者の敵。

妊婦の敵。

子供の敵。

私も、ルールさえ守っていれば誰の敵でもいいと思っていたんですよ。

 

だってニコチン、美味しいじゃないですか。

タールがガツンと刺激を与えてくれるじゃないですか。

 

ちなみに寝起きでタバコを吸うひと多いと思いますが

その朝一の一服が美味しいと感じてしまう人は、禁煙が難しいらしいですよ。

 

 

私自身、朝一の一服こそ最高だと思ってます。

 

ダラーっと起きて、

タバコを吸いながら目を覚まして、

っしゃー歯磨くかー!って気合いを入れます。

 

禁煙なんてタバコを吸い始めてから今まで考えたことありません。

 

私のことを心底愛していると言ってくださる2万人のファンの皆様を前にしても言えます。

 

私は喫煙をやめません。

少なくともしばらくはやめません。 

 

 

 

というわけでアイコスがいかに良いかお話ししようと思いましたが、

ちょっと今回この記事では私の相棒であったタバコ達を振り返ってみようと思います。

 

1箱や2箱のお付き合いのタバコではなくて、

しばらくの時間を共にしたタバコをただ振り返ろうと思います。

 

 

あ、先に言っておきますが私はメンソール派です。

 

 

もらいタバコされやすい上に、

レギュラー派の人にもらいタバコされる際には「うわぁ、メンソールかよ」と残念がられる挙句、「あの歯磨きタバコか」と言われてしまう始末のあの、メンソール派です。

 

 

 

私は元々KOOLのナノブリザードを吸っていました。

スースーするし、スカッと来ます。細い煙草はタバコならではの葉っぱくささもあまりないので一気にのめり込みました。今吸ったらどう感じるかって?今吸ったらそりゃクサいよ。

確か450円です。

 

 

これっすこれっす。タールが8ミリのこれっす。

私はタバコを吸うなら絶対KOOLと決めてました。

憧れの人がKOOL吸ってたっていう、ありがちなあれっす。

 

ただ、その憧れというのが恋愛感情じゃなかったので

私の中の憧れは20歳になっても尚守られるわけですね。

 

20歳の誕生日を迎えて吸ったのがこれです。

 

 

初めてタバコを吸った時の感想を述べるならば

「ヤニクラなんて口にだすほど辛くないぞ」でしたね。

脳みそがスッキリする感じがありました。

 

きっと憧れのせいです。きっとそうです。

もしくは、過度なストレスのせいです。きっとそうなんです。

若気の至りって怖いですね。

 

そして中毒って恐ろしいですね。

煙草を当たり前に毎日吸う今を恐ろしいともなんとも思わないんですから。

 

 

KOOLは一箱450円と、なかなか痛い出費ですね。

 

ところで、

 

未成年の喫煙者って度々問題になりますよね。

 

高校生や大学生なんかは学生をやりながら

コソコソ煙草吸うのでさえ大変そうなのに、

未成年でましてや学生の450円ってきっと私が思うより高いですよね。

 

しかも煙草って消耗品の癖に450円。

1本当たり22.5円。

うまい棒2本買えます。いやぁ高いです。

私は学生の身分で煙草を吸おうなんて気は到底起きませんね。

だって吸いたい時に吸えないし、小遣いの範囲内で買ってチマチマ吸うのなんて絶対美味しくないじゃないですか。

 

もし喫煙に強烈な憧れを抱いている、

もしくはもう吸ってしまっている未成年喫煙者がいるなら今すぐライターと煙草捨てて一回20歳を超えるまで待ってみましょう。

 

そしたらもっと美味しくありがたみを感じながら吸えるはずだし、

今よりもっと美味しく感じますよ。

 

と、別に私は未成年の喫煙を阻止したくてブログの記事を書き始めたわけじゃない。

 

 

あの貧乏煙草と言われている「わかば」でさえも、

私が未成年で喫煙にハマっていたら高いと感じると思うんです。

とにかく未成年の喫煙者の方は小銭で財布と身体を削るより、青春を謳歌しなさい。

大人になってからの青春はいくらでも味わえるんだから。

 

 

 

そうそう、話を戻すと

 

KOOLの1箱あたりの価格が気になりまして、

 

KENTのナノテックの8mmに変えました。

 

 

この右のやつです。

こちらは最後に買った時は410円でした。

安いんです。

KOOLのナノブリザードとは40円の違い。

 

 

この一箱40円の差が、後から大きく変わってくるんです。 

 

この40円が、財布事情を左右してくるんです。

 

私は煙草はいろんなコンビニからカートンで買います。

 

単純計算、KOOLが1カートン4500円ですね。

KENTが4100円。

 

1カートンでも400円の差。

そう、約煙草1箱分違ってくるんです。

 

それが積もり積もったら私は煙草吸いたい放題ですよ。

 

 

もうアイコスに変えるまではずっとこの煙草だったなぁ。

 

今でもたまにうっかり家にアイコスを忘れると

コンビニでKENTを買うんですよ。

 

細い煙草はほかの煙草より全然臭くないとか勝手に思っていたけど、

 

「(うわなにこれめっちゃくっせぇ)」

ってなりますよ。

 

騙されたと思って

アイコスに変えて1週間後に、

自分の吸っていた煙草一度吸ってみてください。

 

(あれ……煙草まじくっせぇな……?)

ってなります。

 

(今までこんなクサいもの吸って美味しいって言ってたのか……?)

と若干自分の感受性に対して不信感を抱きますよ。

 

 

あぁ、アイコスの話までし始めたら止まらなくなっちゃうな!

 

アイコスはまた別の記事で書こう。

 

うん。

 

 

今回の記事はだいぶ長くなってしまった。

 

私の思い出話だけのつもりが

たった数年早く生まれただけなのに説教じみたことも書いてしまったからだな。

 

後悔はしてない。何書いたかも忘れた。

 

 

じゃ、みんなくれぐれもビタミンは補給してくれよな!

 

 

ばいび〜〜↑