匿名ニートさんのブログ

不器用ながら器用に生きる

平面いぬ。 (乙一)

 

 

 

よっす。

 

 

f:id:tokumei_neet:20160503004740j:plain

 

 

 

あらすじ

 

乙一の短編集。

 

  • 石ノ目…………7

主人公の生まれ育った街には、メデューサがいるという都市伝説があった。

その主人公が同僚と登山へ。

なんと同僚崖から転落し要介護状態。

主人公、頑張って同僚に肩を貸すが疲労困憊の末、

山に人の住処を見つけたところで倒れる。

 

目を覚ますとそこはなんと、石ノ目と呼ばれる都市伝説の主人の住処だった…

 

 

  • はじめ…………85

二人の小学生の少年が、想像の上で作り上げた「はじめ」という女の子の幻と出会って、遊んで、別れるまでのお話。

ちなみに話の中で少年から高校生にまでなる。

最後感動と共にちょっと切なくなる話。

 

 

  • BLUE………..…173

ぬいぐるみ職人が、骨董屋で奇妙ではあるがなんとも魅力的な生地に出会う。

 

この物語の主人公は、

そんな奇妙でしかしとても魅力的な生地で作られたぬいぐるみ

 

……の、

残った生地で作られた、ブルーというぬいぐるみ。

 

骨董屋でぬいぐるみ職人が買い取った生地で作ったぬいぐるみは、

王子、王女、騎士、白馬、そして残りの生地で作られたブルーの5体。

 

この5体、動く動く。喋れないけど、まるで人間のように動く。

 

ぬいぐるみ職人は自殺する。

ぬいぐるみ達は骨董屋に引き取られる。

 

とある家族のもとへ買い取られ……そこからがこの物語の見どころよ。

 

 

 

  • 平面いぬ。……255

 

主人公の女子高校生は、ひょんなことから親友の山田さんの家へ遊びに行くことに。

山田さんの父親は彫師である。

 

その父親の元に「師匠ニオ別レヲ言イニ来タノ」と言う中国人女性。

出くわす二人。

あまりにも美人でカッコ良い姿の中国人女性。

 

今日で日本を去る予定の中国人女性に一目惚れした主人公は、

急遽タトゥーを入れてもらうことに。

 

ある日突然吠え出す。

身体中を散歩する主人公の愛犬「ポッキー」。

 

次々と発覚する、家族4人の病気。

 

家族達の病気×主人公の皮膚に住むポッキー

というこれまた

ありえない×ありえない

乙一ならではの世界観、 絶妙に混じり合うんです。

 

衝撃のラスト。

犬を飼っている方にもオススメの物語です。

 

 

これ以上ネタバレしないで!という方は画面をそっとお閉じください……

一応アマゾン貼っておきます。

 

平面いぬ。 (集英社文庫)

平面いぬ。 (集英社文庫)

 

 

 

どうもどうも。

 

感想文タイムですね。

私ったらあらすじで900字強使っちゃって

あらすじっていうかもはやストーリー展開だよね。笑

 

  • 石ノ目

まさか主人公は…………だったなんて思いもしなかっただろうな。

 

あぁ、でもこれを書いたのは乙一であって、

ただの物語なのに、つい主人公に感情移入してしまう。

 

にしても女の執念というか、

いや、私も歳とったらわかるのかな。

 

同僚は好奇心旺盛すぎな。

いい同僚だけど。

死に方もポップでなんかお茶目にもほどがあるだろと思うけど。

主人公はいつかあの目を見るのかな。

 

 

  • はじめ

はじめと聞いて思い出すのはきっと大体の人は

YouTuberのはじめしゃちょーでしょうけど、

私は専ら乙一です。

 

あ、はじめしゃちょーの動画も見てますけどね。

 

少年時代に、

こんな子がいたらきっと名前ははじめで、

はじめはこういう性格で、

はじめは普段こんな格好をしていて、

はじめの家庭環境はきっとこうで……

 

そんな幻想を抱いていたら幻想が幻想じゃなくなった。

俺たちだけに見えて、感じることのできる「はじめ」。

この設定が鬼アツなんだよ。

 

物語の冒頭ではじめ死ぬんだけど、

ラストを読むと納得する。

 

そしてなんで何年も何年もはじめの幻想は消えなかったのか。

消えたくなかったからなんだよ。もう最後たまんないよね。

 

はじめが恋する設定なんて二人は作っていなかったのに……

いや、切ないね。良いね。

 

 

  • BLUE

こんなに健気で可愛くてブサイクなぬいぐるみがいたら、

もうどうだろうね。

 

この家族の乱暴者の少年、

ブルーのおかげでしっかり更生するからね。

 

きっとブルーは一見気味悪いんだけど、

ブルーの思いや優しさが少年に通じていく過程は読んでいて興奮する。

 

考えてみたらこの物語って

家族の中の除け者と、ぬいぐるみの中の除け者

つまりは除け者同士なのか。

私から見たら二人は確実に物語の中で大きく成長していたぞ……

 

でもね、騎士って最初から最後まで

イケメンだなと思ったよ。

女の子がこの先騎士のぬいぐるみだけ大事にするとは思えないけどな!

 

 

 

  • 平面いぬ。

ポッキー!おれは君には一生会うことはできないだろう!

何故なら刺青とか大嫌いだからだー!

刺青の入っている人とは今後絶対に結婚はおろかお付き合いすることもないだろうというくらい嫌いだー!

 

でもポッキーはほんと偉いね。

 

刺青に興味がなくても、犬が好きだからね私は。

ただ絶対今は飼えないけどね。

うちでは飼えないんだよ……

 

今日オカンと電話した時に「犬の飼える家に引っ越したいなぁ」と漏らしたら、

「あんたその犬殺すわよ」と一喝されたので、

やっぱり犬は飼えないんだけどすごく好きさぁ〜

 

だから名犬ポッキーの話は感動したわ。

 

 

だって主人公の皮膚にあるもの、なんでも食べちゃうんだもん。

ほくろもニキビのようなものも。

ニキビのようなもの、………うん

ぜひ読んでほしい。

 

にしても中国人女性すごいよなぁ。

彫る刺青に生命まで与えちゃうんだもんな。

すごいよなぁ。

しっかり名犬ポッキー交尾までするからな。主人公の体の上で。

 

これなら主人公、

家族達から離れても寂しくないわな。

寂しいか。寂しいけどポッキーがいれば的なアレか。

 

最後の最後でオオォォオ〜!!ってなる。

 

 

全然感想文じゃないかもしれないけど、

私からしたら立派な感想文ですからね!

 

 

小説の最後のどんでん返しとかあるじゃん。

でも乙一のどんでん返しってどんな作品も途中でなかなかよめない。

 

それに、到底あのラストに結びつけられない。

 

 

 

いやぁすごいよ乙一。さすがだよ乙一

 

 

 

 

ではでは長くなってしまったけど、此の辺で〜〜