匿名ニートさんのブログ

どきどきがとまらないそんなまいにち

いけないいけない、もう少しで決済のボタンを押してしまうところだった

 

 

 

 

私は極力服を買わないようにしている。

服屋に行くから服が欲しくなるのだ。

だから服屋には入らないに限る。

服ほど私にとって必要ないものはない。

 

何故なら見せる人などいないし、

おでかけするなんてこともまずないから。

 

仕事でおしゃれはしないし、

そもそも私服を着る機会も1ヶ月に1回あればいい方で、

その私服というのも

 

私は致命的にコーディネートのセンスがないし

そんなセンス欲しくないとさえ思っているので、

 

ワンピースかオールインワン、セットアップしかない。

 

それかジャージ。

 

 

今のところ休日にお出かけをするとなると、

ジャージが濃厚な、そして有力な候補なので、

私服など必要ないのである。

 

 

そう。

 

もう今まで十分買ったのだからと自分を諭しては服屋を避ける。

 

 

 

時折、そんな自分の決意を揺るがすものがある。

 

 

それはネットショップであったり、

服を買えるアプリである。

 

 

あいつら、私の購買意欲をことごとく掻き立てようとする。

 

やめてくれ。買ってしまうから。

 

 

そう、

話の最初とは矛盾するのだけれど、

 

 

なにを隠そう

 

私、買うときめっちゃ買う。

 

 

しかもよくわからないものまで買う。

 

 

とあるブランドや、セレクトショップ

多分すごいお得意さん認定されてる。

 

H&Mとかユニクロ、フォーエバー21で爆買いするのはまだわかる。

 

けれど

服屋に入ってなにか一つ気に入ったが最後、

 

もうなんでも買ってしまう。

 

で、着ない。

とにかく着ない。

 

 

人に譲って、罪悪感から逃げる。

 

人間そんなに洋服を着ないことを知る。

 

 

もう学んだのだ。

もう十分すぎるくらい学んだのだ。

 

 

一回の洋服の買い物は、

多いときは数十万近く行く。

 

 

もうなんかやばい。

普段買い物をしない代わりか、やばいのよ。

たぶん私、脳みそのどっかおかしいんだと思う。

 

 

だからとにかく服屋には入らないんだ。

 

 

しかしながら、

引きこもっていると私の目の前の画面に現れる広告。

 

 

くそっ…手が言うことを聞かない!

 

 

わざわざアプリをダウンロードして

会員登録をしてまで商品を見る。

 

 

今日、つい先ほど2時間ほどショップリストを見漁っていた。

 

 

 

10万近い会計だった。

 

 

あぁ、良かった。

 

 

携帯がフリーズして。

 

 

 

近いうちにダンボールが4箱とか、5箱分届くところだった。

 

 

この狭い家にはまだ置けないので、

しばらくはもうネットでも買い物はしません。

 

 

あぁ、でも、部屋着をユニクロの白いTシャツで揃えたいなとか、

 

スキニーを一本持っておきたいなとか、

なんだか欲というのは尽きませんね。

 

 

洋服が嫌いというわけではありません。

 

 

親しい友人に力ずくでも止めてもらわないと、

私の財布の紐は緩みの限界を知らないのです。

 

 

あぁ、ちゃんとまだ着ていないお洋服を着よう。

 

うん。そうしよう。

 

 

平和的解決。

 

 

 

今着てるの、結局ジャージなんだけどね。

 

 

ばいび〜〜〜〜