匿名ニートさんのブログ

不器用ながら器用に生きる

人生の師へ

 

 

 

ねぇ、最近私のパーソナルスペースに入り込もうとしてくる輩がいるんだよ。

 

そいつは男なんだけど、恋仲とか男女の関係なわけない、ましてや他人の中の他人だったんだけど、

 

私の哲学をちょっと聞いただけで

ズカズカ土足で「もっと話したい」と身を乗り出してきて

私としては無視しかできないんだよ。

 

 

 

……そのまま無視でいいじゃないかって?

 

うん、それもそうなんだけどさ、

 

これからもそういう人がたくさん出てくると思うと、すごく嫌な気持ちになるんだよ。

 

もっとうざい奴が今後出てくるんだろうなってさ。

 

 

確かに私が自分の哲学なんてもの話さなければよかったんだけど、

でもそれに代わる何かが自分の中にないんだよ、

ましてや偽りのものなんて話はできないしさ。

 

 

 

え?

 

彼氏はできたのかって?

 

 

バカだなぁ、

こんな人嫌いな自分にできるわけないじゃないか。

 

 

そいつじゃだめなのかって?

 

 

うん、絶対ダメだね。まず既婚者だしね。

既婚者とどうこうしたってその先には何もないじゃない。

 

何もない関係を求めるなら既婚者が一番手っ取り早いけど。

 

 

あいにく今の私から言わせれば、

何も関係に時間や労力やお金をかけるなら、

小さい部屋で自分と向き合ってるか、漫画でも読んでいた方がよっぽどマシだよ。

 

 

あぁ、人の思いが辛い。

 

 

めんどくさい。

 

 

そんなにいらないよ、私じゃ抱えきれないよ。

 

 

だってその人たちの本音がわかるんだもの。

 

「嘘をついている」のが見えちゃうから

その言葉の奥が見えちゃうから嫌なんだよ。

 

いらないよ。

 

 

はぁ、こんなのでよく友達ができたよね。

 

感謝できる大好きな人達がいるから、

彼氏なんてちっぽけな存在私は求めていないんだよ。

 

私は恥ずかしがり屋だから、咄嗟に嘘や綺麗事が出てくるしね。

本音で話せる恋人なんて後にも先にも一人しかいないと思っているからさ。

 

自分が偽って一緒にいなきゃいけない相手とは少しでも一緒にいたくない。

 

 

でも私は優しいから、たまーに全然興味のない人間ともプライベートを一緒に過ごすんだけど、やっぱり魂が疲れるね。

 

身体とか、精神とかじゃなくて。

 

 

今はとても体調が良くないから、身体も辛いんだけどさ。

 

こんな時はよく看病してくれたね。

 

ポカリスウェットとウィダー買ってくれたり、

雑炊作って食べさせてくれたり、

布団を何度も掛け直してくれたね。

 

 

私は人よりストレス耐性もあるし、

身体の負担には強いけど、

 

あの頃救急車よりも早い車に乗せて病院へ送ってくれた時、「いざという時そばにいてくれる人はやっぱりあなただったのか」と意識は朦朧としながら思ったよ。

 

 

そんな存在が今でも自分の中にいるから、

今日も強く生きていけるんだけどね。

 

たまに愚痴りたくなっちゃうんだよ。

 

 

価値観を共有したくない男が下心もなしにすり寄ってくると余計むかつくんだ。

私の人生に踏み込んでくるなって。

なにが「俺たちはもっと話すべきなんだ!」だよ。

 

こちとら話さずともわかってるんだよ。

 

 

まだ下心のある男の方がよっぽど健全だね。

 

 

 

はぁ。

なんかちょっと疲れちゃったみたいだから、今日はゆっくり休むね……

 

 

 

広告を非表示にする